スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆石鹸、完売しましたm(_ _)m

お陰様で、小豆石鹸完売致しましたm(_ _)m
香りが良いという事で選んで頂いた方が多かったです。
ありがとうございます

まだまだ、他の石鹸は、残っております。

【ネットショップ】 オリーブsavn工房は、こちらから

【イベント情報】
9月29日 『高槻ハンドメイド市』は、こちら




【アロエ石鹸】
昔から、アロエは、「医者いらず」と言われ、様々な効能を持つ事で知られています。
「アロエ」には、便秘改善や、健胃効果の他、軽い火傷や、乾燥肌への保湿効果、
美白効果などもあり、化粧水やクリーム、軟膏などにも配合されています。
そのアロエをクリームと同程度配合し、精油で香り付けしたアロエ石鹸は、
一番人気の石鹸です。

《全成分》
オリーブ油・精製水・ココナッツ油・パーム油・苛性ソーダ・
ミリスチン酸(パーム核油由来)・アロエ・
精油:(ラベンダー・ジュニパー・パチュリ)


【すっきりアロエ石鹸】
定番の「アロエ石鹸」を、夏っぽくしてみたい!
って事で、アロエ石鹸にメントールを加えました。

「メントール」とは、天然のハッカの結晶で、
皮膚に触れるとヒンヤリとして鎮静、消炎効果があるので、湿布薬や歯磨き粉、食品に使われています。
アロエをクリームと同程度配合し、メントールで爽やかさをプラス。
夏の日差しで痛めた肌を優しく、爽やかに洗いあげてくれます。

《全成分》
オリーブ油・精製水・ココナッツ油・パーム油・苛性ソーダ・ミリスチン酸
(パーム核油由来)・メントール・アロエ・精油:(ラベンダー・ペパーミント)

アロエ石鹸


【ローズクレイ石鹸】
クレイとは地下の粘土層から採掘された粘土を乾燥したもので、
古来から自然療法として活用されています。
ミネラル豊富で、吸収・吸着作用があり、
毛穴の汚れを引き出しお肌を柔軟にしてくれるのでパックによく使用されます。

中でも、ローズクレイは、敏感肌や乾燥肌、乾燥髪のパックに使用されます。
ローズクレイ石鹸は、ロ-ズクレイの色を利用し、模様にしています。
合成着色料ではない、自然な優しい色合いと洗い上がりです。

《全成分》
オリーブ油、精製水、ココナッツ油、パーム油、苛性ソーダ、
ミリスチン酸(パーム核油由来)、ローズクレイ
精油:(オレンジ・イランイラン・レモングラス )

※少し大きめの気泡が入っています。

10縮小ローズクレイ1 400



【メントール石鹸】
前回、お試しで作った石鹸。
もっと作って欲しい~というお声を頂いたので、作りました。

メントール(メンソール)とは、天然のハッカの結晶です。
皮膚に触れるとひんやりとした感覚がし、鎮静、消炎効果があるので、
シップ薬として使われたり、食品や歯磨き粉、夏用シャンプーやボディーローションにも使われています。

そのメントールをしっかり加え、色づけもウルトラマリンでマーブル模様に。
ウルトラマリンとは、地下から発掘される鉱物由来の色材で、アイシャドーなどに使われます。

夏用の涼しいイメージで作りました。
シトロネラのパンチの効いた香りです。

※目の周りなど敏感な部分に刺激を感じる場合がありますので、洗顔にはご使用出来ません。

《全成分》
オリーブ油・精製水・ココナッツ油・パーム油・苛性ソーダ・ミリスチン酸(パーム核油由来)
メンソールクリスタル・ウルトラマリン
精油:(シトロネラ・プチグレン・ペパーミント・ラベンダー)

メントール1明300


【炭石鹸】
お米を炊く時に、備長炭を入れると、ご飯が美味しく炊き上がるといいます。
それは、備長炭が、水道水のカルキ臭や、米のぬか臭さを吸い取り、
備長炭に含まれるミネラルが、米にしみ込むからだそうです。

石鹸に使用しているのは、薬用炭。
微細な粒子が、汚れや、黒ずみを吸着し、スッキリとした洗いあがりにしてくれます。

香り付けには、植物から抽出される精油を使用。
真っ黒な石鹸は面白みがないので、
前回作ったハーブ石鹸とウルトラマリンで模様に。
ウルトラマリンとは、地下から発掘される鉱物由来の色材で、アイシャドーなどに使われます。

《全成分》
オリーブオイル・精製水・パーム油・ココナッツ油・苛性ソーダ・ミリスチン酸(パーム核油由来)
炭・ウルトラマリン
精油:(レモングラス・パチュリ・ラベンダー・ジュニパー)

10 炭石鹸1 400




夏でもしっとりとした石鹸が欲しいという方もおられるので、
そういう方はこちら。


【山羊ミルク石鹸】
“お風呂にミルクを入れるとお肌がしっとり”という話はよく聞きますよね。
ミルクには、保湿成分が含まれているからなんです。

“山羊のミルク”は、あまり知られていないかもしれませんが、
山羊は牛に比べ、雑草、木の葉や樹皮、低木なども食べるので、
乳に含まれる成分は多種多様の微量元素、ビタミンやミネラル、カゼインなどが豊富に含まれ、
栄養価が高いことが特徴です。

山羊のミルクは、母乳にも一番近いとも言われ、
香りも、乳くさい赤ちゃんのような香りがします。

吸収性の高いタンパク質や脂肪酸が含まれているので、消化がよく、
また、牛乳アレルギーの方でも、アレルギーが出にくいといわれています。

そして、パックや石鹸にした場合、お肌をしっとりとした状態に洗い上げてくれるのです。


《全成分》
オリーブ油、パーム油、ココナッツ油、水、苛性ソーダ、ミリスチン酸(パーム核油由来)
山羊ミルク
精油:(ローズウッド・プチグレン・ゼラニウム)

山羊ミルク300s明明


【椿たまご石鹸】
椿油は、高価で、昔から整髪用のオイルとしても有名です。
卵黄にも保湿効果があると言われ、昔は、髪のパックにも使用していたようです。
また、卵黄を入れた石鹸は、しっとりした石鹸として、
北欧の農場に伝わるクラシックな製法でもあります。

卵は、養鶏場まで直接取りに行き、新鮮な卵を使用しました。
古来の日本の材料、厳しい寒さに耐える北欧の知恵と、手作りならではの珍しい組み合わせの石鹸です。

今回は、従来の椿たまご石鹸の改良版。
ひまし油を加え、泡立ちと保湿感をアップさせました。
しっとりとした洗い上がりをお試し下さい。
(従来のものより、若干、溶けやすくなります。)

《全成分》
椿油、精製水、パーム油、苛性ソーダ・ココナッツ油、ひまし油、卵黄、ミリスチン酸(パーム油由来)
精油:(イランイラン・ゼラニウム・オレンジ・パルマローザ)


新鮮たまご1-300明

スポンサーサイト

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

ネットshop
プロフィール

オリーブsavon

Author:オリーブsavon
大好きな手作り石鹸。
“人と自然にやさしく実用的で、ちょっぴり遊び心を加えて”
をモットーとして、アロエ、精油、オリーブオイル、ハチミツ、炭、卵、チョコレートなど、なるべく自然の素材を選んで作っています。

手作り石鹸など、日々の出来事を気ままに綴っていきたいと思っています。
よろしくお願いします♪

カテゴリ
リンク
くろねこ時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。