スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『レ・ミゼラブル』 ★★★★★

あけましておめでとうございますm(__)m
初映画行ってきました。


しょっぱなから圧倒されました。
囚人たちが、難破した巨大な船を引き揚げるんですが、
ド・迫力!!
このシーンの迫力は、舞台では無理~
映画ならでは!の魅力のシーンです。


ほとんど外国人の俳優を知らない私。。。
ジャンバルジャン役のヒュー・ジャックマンが、イケてるクリス松村に…
エポニーヌ役のサマンサ・バークスが、宮里藍ちゃんに見えるのは私だけか。。。!?

ジャン・バルジャンとジャベール、配役これで合ってるの?
知らないから見た目だけの印象だけど、、、違和感感じる。。。

やっぱり、これだけの有名な作品ともなると、イメージがあるじゃないですか。
ジャン・バルジャンは、大の力持ちなんだから、恰幅がよくて、鋭さはありつつ、
柔和な顔立ち。
ラッセル・クロウじゃね!?

ジャベールは、堅物だから、鋭い眼光に細身。
ヒュー・ジャックマンじゃね!?

と、思いながら観てたら、

ジャン・バルジャンが、過去を捨て新しい人生を生きようと、
葛藤の中、決心するシーン『独白』。
歌が素晴らしい!!
そう!あんたは、ジャン・バルジャンや!!と涙しました
いや~、素晴らしいシーンやったわ~。

他にも、良いシーンはいっぱい。
中でも、フォンティーヌが、仕事場を追われ、娘のペンダントを売り、
髪を売り、歯を売り、ついには男に体を売った、その絶望の淵で歌う『夢やぶれて』にも号泣~~~
少し前に、有名になったスーザンボイルが歌った時もゾクゾクしたけど、
今まで聴いた中で、一番!!の『夢やぶれて』でした。


アンジョラスの銃殺されるシーン。
部屋の中で銃を向けられ、、、、
ミュージカルでは、瓦礫の砦の上で死ぬシーンが、ひとつの見どころにもなってるのに、
こんな所で死んじゃうの…と心配したけど、
そうきたか!と期待は裏切られません。

男の子が銃殺されるシーンも、泣けますね
ミュージカルでは、大まかな動きしか分からなかったけど、
映画では、小さな子供に銃を向ける兵士達の細やかな表情がアップになるのもいいですね。
勇敢な小さな戦士
悪を徹底的に憎むジャベールが、小さな戦士の亡骸にした事、、、
ジャベールの心の変化…
ここでも、号泣~~~~


ただ、2点ほど疑問点
ジャベールの歌詞の中で、「牢獄で生まれた」っていうようなのがあったけど、
ど、ど、どいう事?????
ジャベールの生い立ちってどうなのよ

それと、ジャンバルジャンの囚人番号は、確か「24653」だったはずだと思うけど、
映画では、「24601」になってた!?
うっそ~ん!?
何で囚人番号が変わるの?
そこにどういう意味が!?
分かんな~い

って、事は、さておき、
良かった~
豪華な舞台を観ているようでした~。
ミュージカルファンも、イメージを壊さず楽しめると思います。


これは、DVD鑑賞ではなく、映画館で観るべき作品です


本年もよろしくお願いいたしますm(__)m
スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます!

おめでとうございます(^。^)

やっぱり、オリーブさんの感想、説明はすごく分かりやすいわ〜
観たくなってきた!!
今年も沢山の観劇が楽しめたらいいね(^_-)
そして、石鹸も楽しみにしておりまする〜〜

今年もどうぞよろしくね☆

香奈さん

おめでとうございます(^。^)

良かった、分かって貰えて♪
満足度★5つの作品でした。
映画の予告でも、観たい気持ちをそそられたけど、ホント素晴らしい作品でした。
レディスデイに観れたので、満足度も更にアップ↑

石鹸も、いつも楽しみにしてくれてありがとう〜〜
今月のサンデーショップには、参加しますので、時間が合えば遊びに来てね♪

今年もどうぞよろしくデス☆

No title

おめでとう!

これちょっと観たいな〜って思ってるねん。
別のブロ友さんもすすめてた。
ヒュージャックマン好きやし。
けど泣きそうやしな〜(^_^;)

感動~

オリーブさん こんばんは。
レ・ミゼラブル観に行かれたのですね。
号泣ポイント満載でしたよね~

私は舞台のレ・ミゼラブルはだいぶ前に一度しか観ていないのですが、その時のジャベールは鹿賀丈史でした そのイメージ強いです

でもヒュー・ジャックマンも良かったな~ウルヴァリンやってるからムキムキで力持ちっぽい感じ出てました~

ファンテーヌの「夢やぶれて」も良かったですよね!! もうどん底まで堕ちたところで、しかもあの歌唱力ですからもう号泣です~

ジャベールは原作では囚人とジプシー女の両親のもと徒刑場で生まれたらしいですよ…自分の出自を憎むあまり正義に生きるようになったとか…

年始のごあいさつを忘れてしまいました(-o-;)

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします♪

cooさん

おめでとうございます!
私からも、お勧め。是非観にいって欲しいデス。
ミュージカルが嫌いな人には、全編歌なのでちょっと違和感があるかもしれないけど、
話の筋も分かりやすいし、ライブで撮ったというだけあって歌も迫力だし、
テレビ放送を待たず、映画館で観て欲しいです。
せっかくの迫力ある作品ですから。

映画館は、暗いし、大泣きして下さ~い。
家で独りだったら、嗚咽したんだろうけど、そこは人前だったので堪えました(笑)

ピーヒャラ5656さん

レ・ミゼ、観に行きましたよ~。勧めてくれてありがとう~♪
ホント号泣ポイント満載でした!

私も、舞台のレ・ミゼは、だいぶ前に一度、その数年後に一度観たんですが、
配役だれだったかな…思い出せない(>_<)
多分、ジャン・バルジャンは、山口裕一郎だったような気がします(^^;)

ヒュー・ジャックマンも良かったですね!!
ウルヴァリンも知らなかったので、さっき調べてみたら、
や~~~ん!ムッキムキじゃないですか!?
着痩せしてたのか、私には全然分からなかったけど、あのムキ感が分かればもっと良かったな~。
囚人シーンで、上半身裸にして欲しかったなぁ~(笑)

ファンテーヌの「夢やぶれて」も良かった!!
歯を売るシーンも衝撃でした!!
そこまでするんかい!?
売れるんかい!?

ジャベールの生い立ちの説明ありがとうございます!!m(_ _)m
囚人とジプシー女の両親のもと徒刑場で生まれたんですか!?
てっきり厳格な父に育てられたんだと思ってました。
「自分の出自を憎むあまり正義に生きるようになった…」
なるほど~。
自殺までする気持ちが理解出来なかったけど、心の奥底に消せない深い傷があったとしたら、
納得出来る気もします。
正義に生きる事で、自分を生かせられていたんですね。
そして、棟の橋を歩くシーンも、何で、あんな所を歩くんやろ…とも思ってましたけど、
ジャベールの心の危うさをも表していたのかもしれません。

ピーヒャラさんの解説のお陰で、いくつかの場面がスッキリしましたよ!!
ありがとうございます(*^_^*)

今年もよろしくお願いします♪

歯を売るのは…

前に何かの本で読んだことがあるのですが、昔フランスでは差し歯用に歯を売って生活の足しにすることがあったそうです。

特にきれいな前歯は高く売れたとか…

貴族などが差し歯を買って、移植した歯から梅毒になることもあったということです

ピーヒャラ5656さん

またまた、解説ありがとうございましたm(_ _)m

売った歯を差し歯にですか!?
やだな~人の歯入れるなんて(^^;)
梅毒にもなっただなんて…それでも美しさを手に入れたかったんですね。

フォンティーヌは、奥歯を抜かれてましたが、、、
前歯を抜いてしまうと、娼婦として値打ちが下がるからでしょうね。。。(-_-)

さすが、昔のフランスの話は詳しいですね。むふっ(*^_^*)
ネットshop
プロフィール

オリーブsavon

Author:オリーブsavon
大好きな手作り石鹸。
“人と自然にやさしく実用的で、ちょっぴり遊び心を加えて”
をモットーとして、アロエ、精油、オリーブオイル、ハチミツ、炭、卵、チョコレートなど、なるべく自然の素材を選んで作っています。

手作り石鹸など、日々の出来事を気ままに綴っていきたいと思っています。
よろしくお願いします♪

カテゴリ
リンク
くろねこ時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。