スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『県庁おもてなし課』 ★★★☆☆

『図書館戦争』より有川さんの作品が好きで、
今回は、『県庁おもてなし課』を読みました。

以前、図書館で数ヶ月待ちでようやく借りれたんですが、仕事が忙しく、
電車の中でも疲れて寝てしまってなかなか読めず
予約人数も多く、延長も出来なくて、途中で返却。
またもや数ヶ月待って、再び手元にやってきました。

今回は、通常の生活をしていたので、通勤で読破。
なかなか面白かったです

高知県県庁には、本当に「おもてなし課」というのがあって、
著者の有川さんに「観光特使になって欲しい!」という依頼があり、
その後は、お役所独特のグダグダな仕事ぶり…

という実話をきっかけに小説をかきあげたらしいです。


本当に、グダグダなテンポの仕事をしているお役所。
そこに、やり手の作家さんが関わる事になり、辛口アドバイスの応酬にあい、
徐々におもてなし課のやり方、姿勢が変わっていく。
登場人物も、ダメダメ人間から少しづつかっこよくなっていって、
いくつかの純なラブストーリーもある。
何より、全編高知弁なのがイイ
高知弁がとても心地よく、田舎っぽい人たちをより一層田舎っぽく、温かく描かれてる。

読んだ後、皆の成長ぶりに、心が、ほんわか温かくなります。
そして、有川さんの郷土への愛情も感じられますよ。








スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

さすがだなあ〜

途中で返すことになって又順番待って借りるくらい良かったみたいですね!
お役所仕事を、ビシバシと立て直していく、それって痛快だなあ〜
いつも、ハズレがない、オリーブさんの読書!
あらすじと感想を聞いてるだけでいつも満足してます〜(^_-)

香奈子さん

途中から、面白くなってきて、また申し込みしてしまいました。

ビシバシと立て直すというより、辛口アドバイスに冷や汗タラタラ、ウロウロ、オロオロで
お役所たちが、何とかついていったって感じ。
斬新で活動的な役人が干されたり…ってところもあったり、
お役所の事情ってのがあったり、
腹が立ったり、同情したりと、色んな感情にさせてくれました。

あらすじだけでは語れない細かな部分を、読んで欲しいなぁ。
レッツゴー図書館!
ネットshop
プロフィール

オリーブsavon

Author:オリーブsavon
大好きな手作り石鹸。
“人と自然にやさしく実用的で、ちょっぴり遊び心を加えて”
をモットーとして、アロエ、精油、オリーブオイル、ハチミツ、炭、卵、チョコレートなど、なるべく自然の素材を選んで作っています。

手作り石鹸など、日々の出来事を気ままに綴っていきたいと思っています。
よろしくお願いします♪

カテゴリ
リンク
くろねこ時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。