スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

at easeカフェのイベント 終了~

レポ遅くなりましたが、イベント終了しました。

とっても素敵なカフェで、こんなお洒落な所でイベントするなんて初めて~

at ease 入り口

私達のスペースは、室内の奥。
エコクラフトの愛莉さんと一緒です。
元々は、牛乳パックだった紐で編んでいくそうです。
色もカラフルで素敵でしょ?
オーダーメイドもありました

私も、新作石鹸をずら~り。
色々、お話を聞いて下さる方もあり、興味津々の方もおり。

at easeイベント


が!!


購入となると、なかなか…(^^;)

昼前からは、雨も降り出し、客足はピタッと止まってしまいました。。。
むむむむむ。。。。
お洒落な場所だからといって繁盛するわけではない。

忙しかったわけでもないのに、何だかめちゃくちゃ疲れました(^^;)
良い経験になりました。


そんな中でも、購入して下さった方。
雨の中、おいで下さった方。
親切にして下さったスタッフの方々。
ご一緒してくれた愛莉さん。
ありがとうございましたm(_ _)m



次回、6月16日(日)、7月21日(日)
小阪のサンデーショップに参加します。

ネットショップ 『オリーブsavon工房』は、こちら

スポンサーサイト

春の石鹸勢揃い~

春の石鹸できあがりました~
定番のものや、改良したもの、新作と8種類です


これらを持って、イベントにも参加します。

5月19日(日)at easeカフェ
「at ease handmade market」
http://ameblo.jp/cafe-at-ease/entry-11519042414.html

6月からは、サンデーショップ」にも申し込みする予定です
http://ameblo.jp/sunday-shop/

ネットショップ「オリーブsavn工房」も開始しました。
http://oliveolive0630.cart.fc2.com/


【アロエ石鹸】
昔から、アロエは、「医者いらず」と言われ、様々な効能を持つ事で知られています。
「アロエ」には、便秘改善や、健胃効果の他、軽い火傷や、乾燥肌への保湿効果、
美白効果などもあり、化粧水やクリーム、軟膏などにも配合されています。
そのアロエをクリームと同程度配合し、精油で香り付けしたアロエ石鹸は、
一番人気の石鹸です。

《全成分》
オリーブ油・精製水・ココナッツ油・パーム油・苛性ソーダ・
ミリスチン酸(パーム核油由来)・アロエ・
精油:(ラベンダー・ジュニパー・パチュリ)


【すっきりアロエ石鹸】
定番の「アロエ石鹸」を、夏っぽくしてみたい!
って事で、アロエ石鹸にメントールを加えました。

「メントール」とは、天然のハッカの結晶で、
皮膚に触れるとヒンヤリとして鎮静、消炎効果があるので、湿布薬や歯磨き粉、食品に使われています。
アロエをクリームと同程度配合し、メントールで爽やかさをプラス。
夏の日差しで痛めた肌を優しく、爽やかに洗いあげてくれます。

《全成分》
オリーブ油・精製水・ココナッツ油・パーム油・苛性ソーダ・ミリスチン酸
(パーム核油由来)・メントール・アロエ・精油:(ラベンダー・ペパーミント)

アロエ石鹸


【ローズクレイ石鹸】
クレイとは地下の粘土層から採掘された粘土を乾燥したもので、
古来から自然療法として活用されています。
ミネラル豊富で、吸収・吸着作用があり、
毛穴の汚れを引き出しお肌を柔軟にしてくれるのでパックによく使用されます。

中でも、ローズクレイは、敏感肌や乾燥肌、乾燥髪のパックに使用されます。
ローズクレイ石鹸は、ロ-ズクレイの色を利用し、模様にしています。
合成着色料ではない、自然な優しい色合いと洗い上がりです。

《全成分》
オリーブ油、精製水、ココナッツ油、パーム油、苛性ソーダ、
ミリスチン酸(パーム核油由来)、ローズクレイ
精油:(オレンジ・イランイラン・レモングラス )

※少し大きめの気泡が入っています。

10縮小ローズクレイ1 400


【小豆石鹸】
小豆に含まれているサポニンが、肌のくすみや、毛穴の汚れを落とし、
小豆の粉末が天然のスクラブ効果を発揮して、角質などの汚れをやさしく洗い流してくれるW効果。

更に、サポニンは、殺菌・抗菌作用、泡立ちを良くする働きもあり、
石鹸の無かった時代、日本では、小豆の粉を布に入れて洗浄に使っていたそうです。

黒糖にも、保湿と泡立ちをよくする働きがあるといわれています。
黒糖は、沖縄産の純黒糖を使用、小豆は、北海道産を使用しています。

香りには、ホルモンバランスを整えるといわれている、ゼラニウムの精油を使用。
日本古来の智恵からきた小豆、黒糖、そして、ホルモンバランス精油を使った
スッキリ和風石鹸です。

《全成分》
オリーブオイル・水・ココナッツ油・パーム油・苛性ソーダ・ミリスチン酸(パーム核油由来)
小豆(北海道産)・純黒糖(沖縄産)
精油:(ゼラニウム・パルマローザ・ローズウッド)

小豆石鹸300
※画像はイメージです。
もう少しベージュよりの粒が粗くなっています。


【メントール石鹸】
前回、お試しで作った石鹸。
もっと作って欲しい~というお声を頂いたので、作りました。

メントール(メンソール)とは、天然のハッカの結晶です。
皮膚に触れるとひんやりとした感覚がし、鎮静、消炎効果があるので、
シップ薬として使われたり、食品や歯磨き粉、夏用シャンプーやボディーローションにも使われています。

そのメントールをしっかり加え、色づけもウルトラマリンでマーブル模様に。
ウルトラマリンとは、地下から発掘される鉱物由来の色材で、アイシャドーなどに使われます。

夏用の涼しいイメージで作りました。
シトロネラのパンチの効いた香りです。

※目の周りなど敏感な部分に刺激を感じる場合がありますので、洗顔にはご使用出来ません。

《全成分》
オリーブ油・精製水・ココナッツ油・パーム油・苛性ソーダ・ミリスチン酸(パーム核油由来)
メンソールクリスタル・ウルトラマリン
精油:(シトロネラ・プチグレン・ペパーミント・ラベンダー)

メントール1明300


【炭石鹸】
お米を炊く時に、備長炭を入れると、ご飯が美味しく炊き上がるといいます。
それは、備長炭が、水道水のカルキ臭や、米のぬか臭さを吸い取り、
備長炭に含まれるミネラルが、米にしみ込むからだそうです。

石鹸に使用しているのは、薬用炭。
微細な粒子が、汚れや、黒ずみを吸着し、スッキリとした洗いあがりにしてくれます。

香り付けには、植物から抽出される精油を使用。
真っ黒な石鹸は面白みがないので、
前回作ったハーブ石鹸とウルトラマリンで模様に。
ウルトラマリンとは、地下から発掘される鉱物由来の色材で、アイシャドーなどに使われます。

《全成分》
オリーブオイル・精製水・パーム油・ココナッツ油・苛性ソーダ・ミリスチン酸(パーム核油由来)
炭・ウルトラマリン
精油:(レモングラス・パチュリ・ラベンダー・ジュニパー)

10 炭石鹸1 400




夏でもしっとりとした石鹸が欲しいという方もおられるので、
そういう方はこちら。


【山羊ミルク石鹸】
“お風呂にミルクを入れるとお肌がしっとり”という話はよく聞きますよね。
ミルクには、保湿成分が含まれているからなんです。

“山羊のミルク”は、あまり知られていないかもしれませんが、
山羊は牛に比べ、雑草、木の葉や樹皮、低木なども食べるので、
乳に含まれる成分は多種多様の微量元素、ビタミンやミネラル、カゼインなどが豊富に含まれ、
栄養価が高いことが特徴です。

山羊のミルクは、母乳にも一番近いとも言われ、
香りも、乳くさい赤ちゃんのような香りがします。

吸収性の高いタンパク質や脂肪酸が含まれているので、消化がよく、
また、牛乳アレルギーの方でも、アレルギーが出にくいといわれています。

そして、パックや石鹸にした場合、お肌をしっとりとした状態に洗い上げてくれるのです。


《全成分》
オリーブ油、パーム油、ココナッツ油、水、苛性ソーダ、ミリスチン酸(パーム核油由来)
山羊ミルク
精油:(ローズウッド・プチグレン・ゼラニウム)

山羊ミルク300s明明


【椿たまご石鹸】
椿油は、高価で、昔から整髪用のオイルとしても有名です。
卵黄にも保湿効果があると言われ、昔は、髪のパックにも使用していたようです。
また、卵黄を入れた石鹸は、しっとりした石鹸として、
北欧の農場に伝わるクラシックな製法でもあります。

卵は、養鶏場まで直接取りに行き、新鮮な卵を使用しました。
古来の日本の材料、厳しい寒さに耐える北欧の知恵と、手作りならではの珍しい組み合わせの石鹸です。

今回は、従来の椿たまご石鹸の改良版。
ひまし油を加え、泡立ちと保湿感をアップさせました。
しっとりとした洗い上がりをお試し下さい。
(従来のものより、若干、溶けやすくなります。)

《全成分》
椿油、精製水、パーム油、苛性ソーダ・ココナッツ油、ひまし油、卵黄、ミリスチン酸(パーム油由来)
精油:(イランイラン・ゼラニウム・オレンジ・パルマローザ)


新鮮たまご1-300明

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

マイブームの鶏胸ハム

最近、鶏胸で作るハムがお気に入り

胸肉は、低カロリー、高タンパクで良い食材らしい。
しかも安い!!
火を通すとパサパサになるのが難点よね(^^;)




テレビで紹介していたレシピは、
皮はいで、米麹を漬けて5分もんで、ラップで巻いて10分茹でて一晩放置するだけ。


我が家には、米麹がなかったので、塩麹で応用。
美味でございます~~~~
簡単で美味しい!!


色々試してみた。
カレー粉でもんでみたがイマイチ。。。味がぼやけた

山芋と紫蘇をくるんでみた。
キムチをくるんでみた。

悪くはないが、バリ旨いというわけでもない。。。

鶏ハム応用編


やっぱり、一番美味しかったのは、粗挽きこしょうふり。
父親が高血圧なので、塩麹を控えめにして、粗挽きこしょうをタップリつけてパンチを効かせてみた。

イケる~~~
胸肉とは思えない柔らかさと、
ちょっぴり塩気があって、胡椒が効いて、バッチグー
我が家の定番メニューに追加です。


鶏ハム







テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

母の日のプレゼントならず…

母の日用のプレゼントと、材料を買いに本町まで行って来た。
狙いは、船場センタービル&シモジマ&印伝屋。
テラシマにも寄りたいけど、時間的に無理。

船場センタービル…

休み~


シモジマ…

休み~


気を取り直して、印伝屋へ。

長財布で、手が小さいのであまり大きくなく、カード入れは8ケ所。
というリクエスト。

うるさい母の事だから、
「一緒に見に行く?」と聞いてみたが、
「足が痛いから止めとく~」
「選んだやつに文句言わんといてや」
「分かった~」

そして、色違いなど、何十個と見せて貰って選んだのがこちら。
かなりのお気に入り~
自分用も買おうかしら~



アメリカンブルー



母、開口一番


「地味っ!」



「何か、小さいわ~。」
「お肉やのカードが入らないわ~。」
「パン屋のカードが入らないわ~。」
「品は、あるけどね~」


「じゃあ、、、私貰っとくわ…」


「あら~悪いわね~。今度、K百貨店で一緒に選ぶわ~」

まぁ、今、使ってる真っ黄色の財布と比べたら地味やろうけど。。。
小さいのが欲しいって言ったのは、アナタよ。。。
まぁ、ええけどね。。。(^^;)


私、印伝が大好きで、
メガネケース、小銭入れ、定期入れ、筆箱が印伝

印伝とは、四百余年の伝統を誇る鹿革工芸品。
印伝屋は、江戸時代から鹿革に漆付けをする技法を創案、今に伝わるそうです。
肌触りの良い鹿革に、漆塗りの艶。
使い込むほど、よりしなやかになり、手に馴染み、色も変わっていく。

この財布は、新柄のアメリカンブルーで、紺地に白漆。
白漆は、最初ベージュっぽい色だけど、使い込んでいくうちに白くなってきます。
今よりもコントラストがはっきりして綺麗になるんじゃないかな~。
漆の艶が綺麗やわ~。


今の、財布を(20年は使ってるな(笑))、
いつか印伝に変えたいと思っていたので、ある意味ラッキーだったかも




テーマ : 革小物
ジャンル : ファッション・ブランド

ろまん亭のチョコモンブラン

友達と、ずいぶん前から「ランチに行こう!」
と約束しながら、タイミングが合わず、数ヶ月ぶりにようやく実現。

イタリアンに行き、お気に入りのブティックにも行き、
北海道物産展へ行って、その後お茶タイム。


充実~~~~。


物産展では、財布の中が、スッカラカンになって、気になったケーキが買えなかったけど、
翌日、パソコン作業に疲れ、
甘い物が欲しくなったので、
北海道物産展で物色していた「ろまん亭のチョコモンブラン」を買いに再びGO~!!

チョコモンブラン

甘すぎず、重すぎず、なかなかイケました

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

ネットshop
プロフィール

オリーブsavon

Author:オリーブsavon
大好きな手作り石鹸。
“人と自然にやさしく実用的で、ちょっぴり遊び心を加えて”
をモットーとして、アロエ、精油、オリーブオイル、ハチミツ、炭、卵、チョコレートなど、なるべく自然の素材を選んで作っています。

手作り石鹸など、日々の出来事を気ままに綴っていきたいと思っています。
よろしくお願いします♪

カテゴリ
リンク
くろねこ時計
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。